メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

災害復旧できぬ鉄道 自治体に求められる覚悟=石田宗久(西部経済部)

7月の九州豪雨による球磨川の氾濫で流されたJR肥薩線の第一橋梁(きょうりょう)=熊本県八代市で8月1日、本社ヘリから金澤稔撮影

 激甚化する自然災害で鉄道が長期間不通となり、復旧が見通せない事例が全国で相次いでいる。特に赤字ローカル線は、利用者減少や多額の復旧費負担から被災が廃止論に直結しやすく、鉄道会社と沿線自治体が対立することも多い。地域の実情に応じた現実的な選択をするには、鉄道会社が日ごろから自治体と緊密に意思疎通するとともに、自治体も当事者として存廃問題に向き合う覚悟が必要だ。

この記事は有料記事です。

残り1720文字(全文1901文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 幻の「逆転2ラン」が招いたボーンヘッド 東邦ガスの好調打線が悔やんだミスとは 都市対抗

  3. 手話で受け付け 病院予約を代行 藤岡市、ビデオ通話 /群馬

  4. 菅首相の声だけ流れる「グループインタビュー」はなぜ行われたのか

  5. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです