メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外はやぶさ2、地球に帰還 豪砂漠でカプセル回収
社説

増える深刻ないじめ 早期把握へ体制の強化を

[PR]

 全国の小中学校や高校などで、昨年度に把握されたいじめが過去最多の61万件となった。前年度より1割以上増えた。

 文部科学省は、からかいなどの軽微なものも含め、学校が積極的に掘り起こしに努めた結果ととらえている。

 見逃せないのは、いじめが命にかかわったり、長期欠席の原因になったりする「重大事態」が前年度から2割増えて723件に上ったことだ。

 いじめを初期段階で見抜けないまま、深刻化するケースが多くなっている。

 防止の取り組みに地域差があるのも問題だ。都道府県・政令市ごとに児童生徒1000人当たりのいじめ把握件数を見ると、最大で20倍以上の開きがある。

 それほど差があるのは不自然だ。背景には、調査の手法や、どういう行為がいじめにあたるかという現場の認識の違いがあるとみられる。

 最も把握が進んでいる新潟市は、子どもに対するアンケートを各校で年3回以上行うよう求めている。「靴を隠された」「嫌なあだ名をつけられた」など、いじめの具体的な例を示し、子どもに回答させている。

 こうした手法を各自治体が共有すべきだ。それが重大事態につながる芽を摘むことになるだろう。

 一方、重大事態が起きてしまった場合の対応も問われている。

 いじめ防止対策推進法や国の指針に基づき、各教育委員会や学校は第三者委員会を設け、重大事態の調査にあたる。

 だが近年、第三者委の対応に被害者側が不信感を募らせ、調査結果に納得しない例が相次いでいる。昨年度、首長の判断で再調査が必要になったのは14件と過去最多だった。

 第三者委が調査を進めるにあたっては、被害者側に寄り添う姿勢が欠かせない。

 新型コロナウイルスの影響で、医療従事者の子どもが差別されるケースがあった。子どもたちは友達付き合いを制限されてストレスを高めており、ささいなことからいじめに走る事態も懸念される。

 自治体や学校は、子どもの変化に注意を払い、きめ細かく対応しなければならない。

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2カプセルを発見 JAXA、豪の砂漠で 地球帰還

  2. はやぶさ2、カプセル地球帰還 大気圏突入、豪に着地 JAXA回収へ

  3. はやぶさ2が地球に持ち帰る「お宝」 回収のシナリオとは

  4. 米大統領選「不正ある」 トランプ氏勝利を叫ぶ日本人識者たちの論理

  5. 間もなく帰還「はやぶさ2」 持ち帰る岩石は検疫しなくても大丈夫?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです