メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

どう向き合うか、ウイルスの脅威 語り部・山内東大名誉教授に聞く

山内一也さん=「Zoom」から

 東京大名誉教授の山内(やまのうち)一也さん(89)は、ウイルスの研究や感染症対策に半世紀以上携わってきた第一人者だ。新型コロナウイルス感染症が流行する中、自らをウイルス学の「語り部」と自認する山内さんに、ウイルスと人類の歴史や、脅威との向き合い方を聞いた。

 山内さんは東大農学部を卒業後、国立予防衛生研究所(現・国立感染症研究所)や東大などでウイルスやワクチンの研究に携わった。日本ウイルス学会の総会には、1953年の第1回から参加。最新の知見の分かりやすい解説にも取り組み、89歳になった今年だけで「ウイルスの世紀」(みすず書房)など3冊を出版している。

 「現在のウイルス学の進展は、50年代に始まったと言える。だから私は、ウイルス学の歴史をほとんど実体験できました。2年前に出版した『ウイルスの意味論』(同)が集大成だと思っていたら、新型コロナが出てきた。長年取り組んできたので、『語り部』だと思ってやっています」

この記事は有料記事です。

残り1604文字(全文2014文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見る探る 赤旗はなぜ桜を見る会をスクープできたのか 見逃し続けた自戒を込めて、編集長に聞いてみた

  2. 広島の山林遺体 男女3人を強殺容疑で再逮捕へ 金銭トラブルか 大阪府警

  3. 「桜」前夜祭 安倍氏周辺、補塡認める 「前首相には伝えず」 収支報告不記載

  4. 新型コロナ 「GoTo」 札幌・大阪市へ3週間停止 政府、解約料肩代わり

  5. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです