メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 渋谷で仮装、自粛して ハロウィーン、区長要請 感染再拡大を懸念

昨年の渋谷駅前。警察官の指示に従い、仮装した人たちが横断歩道を渡っていく=2019年11月1日未明、滝川大貴撮影

 ハロウィーンの季節がまたやってくる。例年、東京・渋谷のスクランブル交差点には多くの若者が集まるが、新型コロナウイルスの感染者数は高止まりを続けており、クラスター(感染者集団)発生が懸念されている。渋谷区はオンラインで仮装を楽しむよう求めているが、今年の渋谷の人出予測は難しいという。31日のハロウィーン本番に向け、警戒を強めている。

 「渋谷での仮装や見物は、今回は自粛願いたい」。長谷部健区長は22日、記者会見で呼びかけた。

この記事は有料記事です。

残り1010文字(全文1223文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ交付金で宇宙展示、トイレ改修、鐘… 佐賀県知事に議会で疑問噴出

  2. パシフィコなどでの大規模イベント誘致へ コロナ対策徹底、助成に応募多数 横浜

  3. 「全世代でGoTo事業停止を」専門家から噴き出す批判 東京都の高齢者自粛で

  4. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです