メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

菅首相、学術会議法の解釈変更を否定 「推薦通りの任命、必ずではない」

参院本会議で立憲民主党の福山哲郎幹事長(手前)の代表質問を聞く菅義偉首相(奥右)=国会内で2020年10月29日午前10時7分、竹内幹撮影

 菅義偉首相は29日午前の参院本会議での代表質問で、日本学術会議の任命拒否問題について「今回の任命も日本学術会議法に沿って行ったもので、法の解釈変更ではない」と述べ、解釈変更を行っていないとした。立憲民主党の福山哲郎幹事長への答弁。

 福山氏は、1949年に当時の吉田茂首相が日本学術会議には「高度の自…

この記事は有料記事です。

残り156文字(全文306文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  2. 「パパ活への興味本位で」少女にみだらな行為 小学校教諭、懲戒免職 福岡県教委

  3. 「このままでは皇室消滅」「女性皇族の議論なさ過ぎ」 専門家4氏が口にした危機感

  4. クマをドローンでくまなく捜索 出没相次ぎ自治体が対策 追い払う成果も 石川

  5. 小牧市が人権擁護条例案、コロナ感染者中傷禁じる 12月議会提出へ 愛知

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです