メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

井上科技相が学術会議視察 任命拒否「活動に支障」「あり方検証を」 発言すれ違い

 井上信治・科学技術担当相は29日、日本学術会議(東京都港区)を視察し、梶田隆章会長(東京大卓越教授)ら幹部8人と意見交換した。提言機能の強化など今後の組織のあり方を議論する予定だったが、学術会議側からは、推薦した新会員候補6人を菅義偉首相が任命しなかったことで「活動に支障が出ている」として、6人の任命を求める要望が相次いだ。井上氏は「任命に関しては首相にお考えいただいているが、意見は首相に伝えさせていただく」と、これまでの見解を述べるにとどまった。

 6人が所属する予定だった第1部(人文・社会科学)は、任命拒否で会員定数(70人)の約1割が欠員になっている。第1部の橋本伸也部長(関西学院大教授)は「健全な活動のための条件が損なわれている。学術会議として果たすべきことが困難にならないか危惧している」と指摘。第2部(生命科学)の武田洋幸部長(東京大副学長)、第3部(理学・工学)の吉村忍部長(東京大副学長)も、ゲノム編集や自動運転といった課題の検討…

この記事は有料記事です。

残り467文字(全文894文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強まる大阪府の要求に反発 コロナ患者の引き受けが難しい民間病院の事情

  2. 死者増さらに加速か 4000人から5000人まで14日間 高齢者で死亡率高く

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです