米GDP33.1%増 7~9月期 伸び過去最大、先行きには不透明感

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ニューヨークのウォール街=AP
ニューヨークのウォール街=AP

 米商務省が29日発表した2020年7~9月期の実質国内総生産(GDP、季節調整済み)速報値は、年率換算で前期比プラス33・1%と3四半期ぶりに改善し、統計が比較可能な1947年以降で過去最大の伸びを記録した。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い経済活動が停滞した4~6月期(マイナス31・4%)から急回復したものの、感染の再流行や追加経済対策の与野党協議難航などで景気の先行きは不透明感が強まっている。

 7~9月期の成長率は、過去最大だった50年1~3月期のプラス16・7%を大幅に上回った。米GDPの3分の2を占める個人消費は、米政府・議会が3月以降に実施した総額3兆ドル(約310兆円)規模の経済対策を背景に、プラス40・7%と前期(マイナス33・2%)から急反発し、3四半期ぶりに拡大。企業の設備投資もプラス20・3%と前期(マイナス27・2%)の急落から一転、4四半期ぶりに回復した。

この記事は有料記事です。

残り210文字(全文606文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集