特集

2020米大統領選

2020年11月に行われた米大統領選。共和党のトランプ大統領と民主党のバイデン氏が争い、バイデン氏が勝利した。

特集一覧

期日前投票が記録的ペース コロナで郵便投票増え トランプ氏は不満

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
期日前投票をする有権者=米中西部ネブラスカ州で2020年10月28日、AP
期日前投票をする有権者=米中西部ネブラスカ州で2020年10月28日、AP

 11月3日投開票の米大統領選の期日前投票が記録的なペースで増えている。新型コロナウイルス感染拡大の影響で郵便投票が急増しており、米フロリダ大の米選挙プロジェクトによると、28日時点ですでに2016年大統領選の投票総数の約55%にあたる約7550万人が投票した。今回の大統領選は投票率上昇も見込まれており、ロイター通信は、同大のマイケル・マクドナルド教授の予測として、1908年以降で最高水準の65%となる可能性を伝えている。

 「11月3日に勝者の宣言があるのが適切だ。2週間も投票用紙を数えるのは全く不適切だ」。再選を目指す共和党のドナルド・トランプ大統領(74)は27日、ホワイトハウスで記者団にそう強調した。

この記事は有料記事です。

残り531文字(全文838文字)

【2020米大統領選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集