メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道 コロナ警戒ステージ「2」に引き上げ 医療体制の維持を重視 集中対策2週間

 北海道は28日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、独自指標「警戒ステージ」を1から2に引き上げた。鈴木直道知事は7基準全てを満たした場合にステージを移行するとしていたが、医療体制の維持を重視し、使用病床数など5項目が基準に達した段階で移行を決断。早期収束を図ることで経済活動への影響を最小限にしたい思惑があり、11月10日まで2週間を感染予防の集中対策期間とした。【高橋由衣、山下智恵】

 「入院患者数や宿泊療養者が増加する中、専門家からステージ引き上げは『適切な判断』との意見を得た」。鈴木知事は記者会見で、ステージ移行の理由をこう説明した。道内には新型コロナ患者向けの1811床が確保されており病床に余裕はあるが、医療機関の負担が増す前に歯止めを掛けたい考えだ。

この記事は有料記事です。

残り620文字(全文954文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染半年後も98%が抗体保有 重症度高いほど防ぐ能力強く 横浜市大

  2. 大阪で新たに427人の感染確認 400人超えるのは4日ぶり 新型コロナ

  3. 中国産ウナギ1200匹を国産と偽り販売 容疑で元従業員ら書類送検 大阪府警

  4. 季節外れ?のサクラ咲く 安倍前首相「桜を見る会前夜祭」会場ホテル付近で

  5. ホンダ11年ぶり決勝進出 タイブレークで佐藤が満塁弾 セガサミー降す 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです