購入バッテリーから出火 自宅火災の男性がアマゾン提訴 「出品審査義務果たさず」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
アマゾンのロゴ
アマゾンのロゴ

 インターネット通販大手アマゾンを利用し、中国の業者から購入したバッテリーが発火して自宅が燃えたのはアマゾン側が販売業者や商品の審査を怠ったためとして、宇都宮市の会社員、加藤尚徳(なおのり)さん(34)が29日、アマゾンの米国本社と日本法人に30万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴した。

 訴状によると、加藤さんは2016年6月、アマゾンを利用して中国製の自動車用のモバイルバッテリーを購入。翌年11月に自宅が焼け、消防の調査で火元はバッテリーと判明した。被害額は約1000万円で、保険などでカバーされなかった分のうち30万円を支払うよう求めている。加藤さんは「消費者が被害に遭った時に何の補償もなく、誰も責任を取らない現状を知ってもらいたい」と…

この記事は有料記事です。

残り486文字(全文809文字)

あわせて読みたい

ニュース特集