メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原発稼働ゼロ「業績への影響は限定的」 関電社長

関西電力本店=大阪市北区で、小出洋平撮影

 関西電力の森本孝社長は29日、大阪市の本店で記者会見し、同社の原発稼働が11月3日以降にゼロになることについて「(通期の)業績予想を変えるほどの状況ではない」と述べ、業績への影響は限定的だとの見方を示した。稼働ゼロは国が義務付けるテロ対策施設の設置工事や定期検査が重なるためで、「安全最優先で取り組んでいく」と強調した。

 運転開始から40年を超えた原発の美浜3号機や高浜1号機の再稼働に必要な地元同意にも触れ、「立地地域の皆様のご理解が非常に重要。必要性、安全性を多くの皆様にご理解いただけるように努力を続けたい」と話した。使用済み核燃料の中間貯蔵施設については「20年を念頭に候補地を示す」と述べ、これまでの説明を繰り返した。

この記事は有料記事です。

残り438文字(全文753文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  4. 英変異株、初の市中感染か 英国滞在歴ない静岡県の男女3人

  5. 全国で新たに4927人感染確認 月曜最多 重症者973人、15日連続最多更新

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです