メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

錦織、マスターズなど残り試合欠場 右肩故障 「2021年に集中する」

 錦織圭

[PR]

 男子テニスで右肩痛を抱える錦織圭(日清食品)が28日、11月2日開幕のマスターズ・パリ大会など今季の残り試合を全て欠場すると自身の公式アプリで発表した。「今季を終えることに決めた。肩にまだ少し悩まされているので(残り試合を)回避して2021年に集中する」とつづった。

 世界ランキング37位の錦織は右肘手術や新型コロナウイルス感染を経て、9月のツアー大会で約1年ぶりに実戦復帰した。四大大会の全仏オープンでは敗退した9月末の2回戦で右肩を故障。その後1大会を回避し休養に充てたが、続く2大会はいずれも組み合わせ決定後に1回戦の出場を取りやめた。(共同)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. ソフトバンクが日本一 巨人に4連勝し、4年連続11回目 シリーズ最多12連勝

  3. 時短に「またか」「悩む」 東京都内の飲食店悲鳴 「従わないと白い目で…」

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです