メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おとなの週末

麻布十番の日本酒専門店!N.Yから帰国した酒ソムリエが料理と日本酒をペアリング♪

情報提供:おとなの週末

旬の食材を生かした活気溢れる熊谷シェフの一皿ひと皿に、店主の赤星氏がピンポイントで合わせる日本酒のペアリングがキレキレだ。食材の食感や香り、旨みや酸味等々と日本酒がピタッと調和して響き合う。

赤星とくまがい(最寄駅:麻布十番駅)

NYの食通も唸ったペアリングの醍醐味を味わう!

それを通して、日本酒をよく知らない人にこそ「その魅力を知るキッカケになってほしい」という。赤星さんは元々ニューヨークで20年、日本酒のプロモーションに従事。そこで魅力を伝えるために磨かれたのがこの究極のペアリング。ぜひ1度お試しあれ。

秋鮭のポワレ~サツマイモとキノコのソースでトリュフ掛け~、江戸開城 純米にごり

2980円(おまかせ料理8品9000円の中の一品)、1300円 dc5bdfea7edf4ac302205a2256c1cf28 8品のおまかせ料理にそれぞれ日本酒をペアリングするコース(計13000円)が1番人気。キノコのソースをまとった旨みのある秋鮭とどぶろくのテクスチャーがぴったり

秋刀魚とマコモタケのフリット 肝のソースで、あわ蔵純米にごりスパークリング

1680円、1000円 051064a1e36e533b69e919575ee67ee4 バルサミコやサンマの肝、パセリのオイルと、「あわ蔵」が持つグレープフルーツのような酸味と苦みが心地よく合う

本日のみぞれ酒

950円 3866dc232bc00b3d108ad91da81a3717 過冷却された日本酒を冷えたグラスに注ぐと目の前でみるみるシャーベット状に。キリッとして味わい深し

お店からの一言

4f6f059d2b9b20b8241b6c303c6ce2da 右/店主 赤星慶太さん、左/シェフ 熊谷道弘さん 「和食だけじゃない料理と日本酒の響き合う楽しさを」

赤星とくまがいの店舗情報

1b88696f5b29330a3deefe7d8f55e949 [住所]東京都港区麻布十番3-3-9 VORT麻布十番ビルⅡ7階 [TEL]03-6459-4589 [営業時間]18時~24時(23時LO)、金・土~翌2時(翌1時LO) [休日]月・祝 [席]カウンターあり、全20席/全席禁煙/カード可/予約可/サなし、お通し代700円別 [交通アクセス]地下鉄南北線ほか麻布十番駅1番出口から徒歩4分

電話番号 03-6459-4589
撮影/貝塚 隆 取材/池田一郎 2019年11月号発売時点の情報です。

関連記事

Bar 石の華|世界一に輝いたバーテンダーの腕に酔いしれる(バー/渋谷)

BARすがはら渋谷本館|しっとりした情緒漂う隠れ家バー(バー/円山町)

【閉店】焼酎Bar 古典|焼酎の多様な味わいと香りを噛みしめよう(焼酎バー/円山町)

Bar THE HAMILTON|テイクアウトとしても人気!ザ・ハミルトンのカツサンド(バー/銀座)

「バー・カシミール」のカツサンドは迫力の厚みながら柔らかな弾力(バー/新宿)


情報提供:おとなの週末

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染半年後も98%が抗体保有 重症度高いほど防ぐ能力強く 横浜市大

  2. 大阪で新たに427人の感染確認 400人超えるのは4日ぶり 新型コロナ

  3. 中国産ウナギ1200匹を国産と偽り販売 容疑で元従業員ら書類送検 大阪府警

  4. 季節外れ?のサクラ咲く 安倍前首相「桜を見る会前夜祭」会場ホテル付近で

  5. ホンダ11年ぶり決勝進出 タイブレークで佐藤が満塁弾 セガサミー降す 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです