メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舞台をゆく

萱野茂さんが開いたアイヌ文化継承の道 北海道・二風谷 志つなぐ笑顔の学びや

「いろんな山菜やキノコが採れる」と山を指さす萱野茂さんのめい=北海道平取町二風谷で2020年9月24日、山本直撮影

 アイヌ文化の発信拠点として北海道白老町に7月開館した「民族共生象徴空間ウポポイ」。その展示を見て、アイヌ初の国会議員となった萱野茂さん(1926~2006年)が、アイヌ語継承などに果たした役割の大きさを改めて知った。白老の東60キロ。萱野さんが生まれ育ち、多くの著作の舞台となった平取町二風谷(びらとりちょうにぶたに)を訪ねた。

 日高地方の沙流川流域にある二風谷はサケや山の幸に恵まれ、狩猟採集民だったアイヌが古くからコタン(集落)を形成した。祖母のアイヌ語に育まれた萱野さんは、自分たちの文化を守るため民具を集めると共に、文字を持たないアイヌの言葉や口承文芸を記録、辞典などを著した。私は学生時代の85年「アイヌの碑(いしぶみ)」「おれの二風谷」などの著作を読み、現地を訪問。以来、何度も萱野さんの実弟が営む民宿の世話になった…

この記事は有料記事です。

残り1071文字(全文1436文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「かみさまのばか」 今井さんがつづった読書感想文の原文

  2. 「かみさまのばか」祖母を奪った阪神大震災 小2で被災した34歳男性が今祈ること

  3. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  4. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  5. 大学入学共通テスト、2日目始まる 理科と数学

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです