特集

旧優生保護法を問う

旧優生保護法下で不妊手術を強制された障害者らの記録に関する毎日新聞の全国調査で、強制手術を受けた人の約8割に当たる1万2879人の資料が確認できなくなっていることが判明した。「記録のない被害者」をどう特定し、救済につなげるか。

特集一覧

旧優生保護法を問う

夫婦側「裁判迅速化を」 2例目の訴訟が結審 札幌地裁 /北海道

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 旧優生保護法下で不妊手術と中絶手術を強制されたとして、道央の夫婦が国に計2200万円の損害賠償を求めた訴訟の口頭弁論が29日、札幌地裁(高木勝己裁判長)であり、結審した。同法を巡る訴訟では全国で初めて中絶手術も理由に提訴。手術された当事者だけでなく、配偶者も初めて原告に加わったが、弁護団は同日の意見陳述で2019年8月にその夫(当時82歳)が亡くなっていたことを明らかにし、裁判の迅速化を訴えた。判決は来年2月4日。

 原告の女性(77)は1981年6月12日、家族に病院へ連れて行かれて中絶手術をされ、不妊手術も受けた。女性の手術記録は残っていない。

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文550文字)

【旧優生保護法を問う】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集