メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

こころの書

小中学生のひろば 鈴木華陽さんが講評 /東京

 子どもたちの優秀作品を紹介していくコーナー。今回の講評を担当するのは、鈴木華陽・毎日書道展審査会員です。

松坂奈々さん 北区立西ケ原小学校3年

 力強い作品になりましたね。書き方が難しい「も」「れ」も良くまとめ、名前も丁寧に書けています。生き生きとした素晴らしい清書が書けました。

髙野真紀恵さん 狛江市立狛江第六小学校4年

 筆の入り方がとても丁寧です。筆順も正しく、気持ちが伝わってきます。2文字の左払いの変化も生き生きとしています。明るく爽やかな作品です。

この記事は有料記事です。

残り670文字(全文898文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. 日本新薬が勝ち越し アーチ2本、三菱重工広島に 都市対抗

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 新しい形態の学問弾圧「菅首相は歴史に名前が刻まれる」 木本忠昭・日本科学史学会会長

  5. 「NEWS」メンバーがコロナ感染 加藤シゲアキさんと小山慶一郎さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです