連載

書道・なるほドリ

毎日新聞デジタルの「書道・なるほドリ」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

書道・なるほドリ

筆の歴史教えて 始皇帝への献上品が原形=回答・五月女隆 /神奈川

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
別の動物の毛を束ねる「練り混ぜ」という工程=あかしや提供
別の動物の毛を束ねる「練り混ぜ」という工程=あかしや提供

 なるほドリ 筆の歴史を教えて。

 A 中国・秦(紀元前221~206年)の武将、蒙恬(もうてん)はウサギの毛と竹軸で作った筆を始皇帝に献上しました。これが今のような筆の始まりと言われています。日本には6世紀ごろに伝来し、飛鳥時代から奈良時代にかけて、紙より前に使われていた木簡や竹簡に書く筆ができました。9世紀になると空海(弘法大師)が中国で筆の製法を習得して帰国。大和の今井(現奈良県橿原市)の筆匠、坂名井清川にその技法を伝授して筆を作らせ、嵯峨(さが)天皇に献上したとされます。

 Q 中国から伝わったのなら、作り方は同じかな?

この記事は有料記事です。

残り723文字(全文988文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集