メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教える教わる

/2 書写教育の目的とは? 「伝える」書き方見つけて /神奈川

相手に気持ちが伝わる「ありがとう」の書き方を学ぶ=鎌倉市の横浜国立大教育学部付属鎌倉小で(青山浩之さん提供)

 子どもたちが手にしたカードには大きく「ありがとう」の文字。「みんなの『ありがとう』を見てみよう」という教師の声かけで授業は始まった。

 今月13日、鎌倉市の横浜国立大教育学部付属鎌倉小学校を訪ね、1年1組の書写の授業を見学した。新型コロナウイルスの影響で、教室での学習は6月以降にようやく可能になった。今では、子どもたちは元気に成長し、学び合っている。隣同士で「見せて、見せて」「『う』がうまい」「はらいが上手」と大盛り上がりだ。

 担任の前西里恵教諭は事前の道徳の授業で「たくさんの人に『ありがとう』を届けたい」という子どもたちの思いを引き出した。「ありがとうっていい言葉だね」「言われるとうれしいよ」「自分も伝えたいな」。子どもたちは自然な流れで「ありがとう」カードを書いた。

この記事は有料記事です。

残り832文字(全文1171文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ「第2波」で自殺16%増 東京都健康長寿医療センター分析

  2. インドネシア・スラウェシ島の地震 死者42人、負傷者600人以上に

  3. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

  4. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  5. NHK改革最終案を了承 受信料逃れに割増金 総務省の有識者会議 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです