新型コロナ 来月から検査や診療身近に 155の医療機関、県指定 /香川

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
新たな医療機関の体制について説明する香川県の担当者や浜田恵造知事(右端)ら=高松市番町4の香川県庁で、潟見雄大撮影
新たな医療機関の体制について説明する香川県の担当者や浜田恵造知事(右端)ら=高松市番町4の香川県庁で、潟見雄大撮影

 県は29日、新型コロナウイルスの対策本部会議を開き、インフルエンザとの同時流行への対策として、11月1日から新型コロナの検査を受けられる県内155の医療機関を指定したと発表した。発熱の症状がある場合、受診する前にかかりつけ医などに電話するよう県民に求めている。【潟見雄大】

 新型コロナとインフルエンザは発熱などの症状が似ており、判別が難しい。発熱患者が増加すると保健所の業務が逼迫(ひっぱく)する恐れがあることから、新型コロナの感染が疑われる患者を診療し、検査できる155…

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文594文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集