メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米GDP、最大の伸び 33.1%増、先行きは不透明 7~9月

 米商務省が29日発表した2020年7~9月期の実質国内総生産(GDP、季節調整済み)速報値は、年率換算で前期比プラス33・1%と3四半期ぶりに改善し、統計が比較可能な1947年以降で過去最大の伸びを記録した。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い経済活動が停滞した4~6月期(マイナス31・4%)から急回復したものの、感染の再流行や追加経済対策の与野党協議難航などで景気の先行きは不透明感が強まっている。

 7~9月期の成長率は、過去最大だった50年1~3月期のプラス16・7%を大幅に上回った。米GDPの3分の2を占める個人消費は、米政府・議会が3月以降に実施した総額3兆ドル(約310兆円)規模の経済対策を背景に、プラス40・7%と前期(マイナス33・2%)から急反発し、3四半期ぶりに拡大。企業の設備投資もプラス20・3%と前期(マイナス27・2%)の急落から一転、4四半期ぶりに回復した。

この記事は有料記事です。

残り200文字(全文596文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」 興収259億円に 「アナ雪」超えの国内歴代3位

  2. 佐世保に仮面ライダー現る 1号と2号? 果たしてその正体は…

  3. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  4. 立憲、安倍前首相の国会招致求める 小泉氏ら閣僚、コメント回避相次ぐ

  5. ホンダ大勝、2回戦へ 3年連続日本一を狙った大阪ガスは初戦敗退 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです