メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証

公聴会 米SNS規制、議論物別れ 共和「保守派の言論封じ」/民主「言論の問題政治化」

米議会の公聴会にオンラインで出席した米IT大手3社の首脳の映像。左からフェイスブックのザッカーバーグCEO、ツイッターのドーシーCEO、グーグルのピチャイCEO=共同

 米上院商業科学運輸委員会は28日、インターネット交流サイト(SNS)の規制のあり方に関する公聴会を開き、大手フェイスブック(FB)、ツイッター、グーグル3社の最高経営責任者(CEO)に証言を求めた。SNSの投稿内容について運営会社の責任強化を検討する狙いだが、11月3日の米大統領選が迫る中で与党共和党と野党民主党の政治的対立が際立ち、制度改正の議論は深まらなかった。【ワシントン中井正裕】

 同委員会は、SNS運営者に対し、投稿内容に関する法的責任を免除する「通信品位法230条」を改正し、運営会社の責任を厳格化することを検討している。SNS各社が投稿内容を不公平に扱ったり、言論の自由を守らなかったりした場合には、法的責任を問えるようにする制度改正を目指している。この日は、SNS大手FBのマーク・ザッカーバーグ氏、ツイッターのジャック・ドーシー氏、動画共有サイト「ユーチューブ」を運営す…

この記事は有料記事です。

残り1743文字(全文2139文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ対応説明は? 菅首相、感染拡大でも記者会見開かず 野党「国民の不安高まる」

  2. 日本新薬、船曳のサヨナラ打で準決勝へ ホンダ熊本は敗退 都市対抗

  3. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  4. 日本の「感染者バッシング」「マスク警察」は、なぜ? コロナ禍があぶりだした「世間」の闇

  5. totoにBリーグ追加 改正法案2日にも成立 単一試合や順位投票も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです