特集

学術会議任命拒否

日本学術会議が推薦した新会員候補6人を菅首相が任命しなかった。極めて異例の事態の背景や問題点を追います。

特集一覧

衆参代表質問 詳報

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

6人排除した理由は 福山哲郎氏(立憲)

 (会員候補6人の任命が拒否された)日本学術会議は政府から独立した「特別の機関」として設立された。発会式で当時の吉田茂首相は「時々の政治的便宜のための掣肘(せいちゅう)を受けることのないよう、高度の自主性が与えられている」と述べ、1983年に当時の中曽根康弘首相は「政治が行うのは形式的任命に過ぎない」と答弁した。両元首相の言葉を凌駕(りょうが)する(拒否の)根拠を聞かせてもらいたい。6人排除で(法)解釈は変更されたのか。排除した理由も聞かせてもらいたい。

 雇用調整助成金の特例措置の延長を一日も早く決めてもらいたい。休業支援金の申請対象と申請方法を見直す必要がある。

この記事は有料記事です。

残り2839文字(全文3143文字)

【学術会議任命拒否】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集