メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日銀「下振れリスクを注視」 コロナ対策維持 決定会合

記者会見する日本銀行の黒田東彦総裁=日銀本店で29日(代表撮影)

 日銀は29日に開いた金融政策決定会合で、大規模な金融緩和策を現状のまま維持することを決めた。新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着いたことで景気は持ち直しているとし、追加的な措置は見送った。ただ欧米では感染が再拡大し、世界的な先行き不透明感は強まっている。収束が見えない新型コロナとの闘い。日銀は日本経済の回復シナリオをどう描くのか。

 「先行きの経済見通しは不確実性が高く、下振れリスクが大きい」。黒田東彦総裁は会合後の記者会見でこう分析した。

この記事は有料記事です。

残り1499文字(全文1721文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」興行収入275億円 「タイタニック」超え、歴代2位に

  2. NTT東日本がコールド勝ちで8強進出 ヤマハは前田ソロで一矢 都市対抗

  3. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 学術会議任命拒否 「100%デマですやん」 ある日ウィキペディアに自分の名前が載ってしまったら…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです