メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日銀「下振れリスクを注視」 コロナ対策維持 決定会合

記者会見する日本銀行の黒田東彦総裁=日銀本店で29日(代表撮影)

 日銀は29日に開いた金融政策決定会合で、大規模な金融緩和策を現状のまま維持することを決めた。新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着いたことで景気は持ち直しているとし、追加的な措置は見送った。ただ欧米では感染が再拡大し、世界的な先行き不透明感は強まっている。収束が見えない新型コロナとの闘い。日銀は日本経済の回復シナリオをどう描くのか。

 「先行きの経済見通しは不確実性が高く、下振れリスクが大きい」。黒田東彦総裁は会合後の記者会見でこう分析した。

この記事は有料記事です。

残り1499文字(全文1721文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」 興収259億円に 「アナ雪」超えの国内歴代3位

  2. 佐世保に仮面ライダー現る 1号と2号? 果たしてその正体は…

  3. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  4. 立憲、安倍前首相の国会招致求める 小泉氏ら閣僚、コメント回避相次ぐ

  5. ホンダ大勝、2回戦へ 3年連続日本一を狙った大阪ガスは初戦敗退 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです