メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球 阪神・藤浪、45日ぶり先発 勝利背負う責任、球威に

中日戦で45日ぶりに先発登板した阪神・藤浪

 28日に阪神甲子園球場で行われた中日戦で、チーム事情で中継ぎに転向していた阪神の藤浪晋太郎投手(26)が45日ぶりに先発マウンドに立った。結果は4回1失点。勝利投手の権利を得る五回を前に降板したが、矢野監督は先発復帰を明言した。

 この日、阪神は藤浪に始まり、最後を締めた藤川球児まで7投手をつぎ込んだ。藤浪は9月13日以来の先発だったが、短い回を投げるオープナーの役割を託されていた。藤浪は「ペース配分などを意識せず集中したい」と試合に入った。一回1死から京田に直球を右翼線へ運ばれ、味方の失策も重なって2死満塁。福田への外角の際どい直球はボールとなり、押し出し四球で1点を失ったが、慌てなかった。続くシエラを内角の変化球で空振り三振に仕留め、最少失点でしのいだ。「落ち着いていたし、テンパったわけではない」

 その言葉通り、二回以降は立ち直った。二回以降に許した走者は四球の1人だけ。中継ぎを経験したことで目の前の打者に集中できた。「より配球を考えたり、(球の)印象付けをしたりと生きたところはあった」

この記事は有料記事です。

残り516文字(全文968文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 「なぜ?なぜ?なぜ娘だったのか」 福岡・商業施設女性刺殺、被害者の母

  3. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  4. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  5. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです