メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球 楽天13-5西武 楽天14安打大勝

【西武-楽天】七回表楽天2死三塁、田中貴が右越えに2ランを放つ

 楽天が14安打13得点で大勝。一回、小郷の2試合連続のソロなどで3点を先取。七回には田中貴のプロ初本塁打となる2ランで加点した。先発・辛島は5回2失点で今季初勝利。西武はニールが2回5失点と試合を作れなかった。

田中貴、プロ初アーチ

 新天地に懸けると決めた元気印が試合を決めた。巨人から今季途中にトレードで楽天に加入した田中貴が七回にプロ初本塁打となる2ラン。「素直にうれしい」と満面の笑みを浮かべた28歳を、新たな仲間たちが大盛り上がりで迎えた。

 三回までに6点を奪いながら、じりじりと西武に追い上げられ、3点差で迎えた七回。2死三塁で相手の4番手右腕・国場と相対した。「(好機で)初球から打ちにいこう」と初球のカットボールに反応して引っ張ると、右翼席中段に飛び込む一発で相手を突き放した。

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文630文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  2. 紅白、星野源さんら5組は生でなく事前収録 NHK「演出上の都合」

  3. 「GoToで感染拡大、政府を止められなかった」 立憲・枝野氏が国民に謝罪

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 熱血!与良政談 「菅降ろし」の始まり方=与良正男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです