メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球 合同練習会、効果あり 高校生、17人が指名

プロ志望高校生合同練習会に参加した近江の土田龍空内野手。ドラフト会議では中日に3位指名された=8月、望月亮一撮影

 26日のプロ野球・新人選手選択(ドラフト)会議では、高校3年生を対象とした「プロ志望高校生合同練習会」の参加者から支配下7人、育成10人の計17人が指名された。新型コロナウイルス感染拡大の影響で多くの公式戦が中止になり、プロへのアピール機会を失った選手のために日本野球機構(NPB)と日本高校野球連盟が共催し、一定の役割を果たした格好だ。

 プロ志望届を提出した選手のうち西日本の77人は8月29、30日に阪神甲子園球場、東日本の41人は9月5、6日に東京ドームで練習会に参加した。オリックスに1位指名された山下舜平大投手(福岡大大濠)は練習会でのシート打撃で打者5人に投げて1安打、3三振、1四球。オリックスの牧田勝吾・編成部副部長は当時、「遠投をやっている姿を見ると、つい目が行ってしまう。良い立ち姿で絵になる。エンジンの大きさを感じた…

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文718文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  4. 緊急事態宣言の非科学性

  5. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです