メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ソフトバンク・覇権奪回

/中 理想のつながりへ 試行錯誤で打線完成

シーズン序盤に4番を打つなど打線のつなぎ役となった中村晃=徳野仁子撮影

 2年続けてリーグ優勝を逃した2019年、ソフトバンクは得点力不足に泣いた。リーグ最多の183本塁打を放ちながら、総得点はリーグ4位の582点。一発頼みから脱却するため、今季は春季キャンプから「つながり」を打線のテーマに掲げた。

 理想の打線を求め、開幕前のオープン戦や練習試合で日々打順を組み替えてテストした。開幕後も、首脳陣が相手投手との相性や打者の状態などを考慮し、アイデアを出し合いながら打順を決めた。シーズン中盤までは猫の目打線が続き、優勝までに1番で先発出場した選手は10人、2番で先発した選手は12人に上る。工藤監督は「たまに突拍子もないことを言って(コーチ陣に)迷惑をかけている」と笑う。

 10月には「奇策」も飛び出した。プロ15年目で通算35本塁打の川島を、2日の日本ハム戦で初めて4番で起用。日本ハムの先発・上原に昨季5打数4安打と当たっていることに基づく抜てきだった。川島は一回に上原から先制適時打を放ち、チームはリーグ最速で50勝に到達した。

この記事は有料記事です。

残り369文字(全文801文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相「東京オリンピックはコロナに打ち勝った証しに」と決意 施政方針演説

  2. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  3. 山口・宇部の病院で70人のクラスター 入院患者と職員

  4. 「東京オリンピック、中止の可能性」NYタイムズ報道 コロナ感染拡大で

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです