メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ソフトバンク・覇権奪回

/中 理想のつながりへ 試行錯誤で打線完成

シーズン序盤に4番を打つなど打線のつなぎ役となった中村晃=徳野仁子撮影

 2年続けてリーグ優勝を逃した2019年、ソフトバンクは得点力不足に泣いた。リーグ最多の183本塁打を放ちながら、総得点はリーグ4位の582点。一発頼みから脱却するため、今季は春季キャンプから「つながり」を打線のテーマに掲げた。

 理想の打線を求め、開幕前のオープン戦や練習試合で日々打順を組み替えてテストした。開幕後も、首脳陣が相手投手との相性や打者の状態などを考慮し、アイデアを出し合いながら打順を決めた。シーズン中盤までは猫の目打線が続き、優勝までに1番で先発出場した選手は10人、2番で先発した選手は12人に上る。工藤監督は「たまに突拍子もないことを言って(コーチ陣に)迷惑をかけている」と笑う。

 10月には「奇策」も飛び出した。プロ15年目で通算35本塁打の川島を、2日の日本ハム戦で初めて4番で起用。日本ハムの先発・上原に昨季5打数4安打と当たっていることに基づく抜てきだった。川島は一回に上原から先制適時打を放ち、チームはリーグ最速で50勝に到達した。

この記事は有料記事です。

残り369文字(全文801文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 特急が踏切で軽ワゴン車と衝突、先頭車両が脱線 けが人なし 阪急神戸線

  3. 岩手県で初の死者確認 全国の感染者は13万5430人に 新型コロナ

  4. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

  5. 安倍前首相公設第1秘書ら聴取 「桜を見る会」前夜祭差額補てんか 東京地検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです