メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岸田氏、次期総裁選へ再始動 議連発足、全国行脚…無役のいま、存在感アピール

岸田文雄氏=2020年9月14日、宮間俊樹撮影

 9月の自民党総裁選で敗れた岸田文雄前政調会長が、2021年9月に予定される次期総裁選に向け再始動した。交流の幅を岸田派以外にも広げようと、29日に党内有志による二つの議員連盟を発足。11月2日には課題の知名度向上に向け「全国行脚」をスタートさせる。菅義偉政権で無役となった岸田氏。情報発信の機会が減る中、あの手この手で存在感を示そうとしている。

 「私も総裁選で出産費用の負担の軽減を訴えた。ぜひこうした問題について多くの先生方と議論を深め、結果を出したい」。…

この記事は有料記事です。

残り381文字(全文611文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 武田真治、インフルエンザ感染 ミュージカル『パレード』当面休演

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  4. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  5. 「分断」につけこむロシアの情報戦 小泉悠氏が警告する日本の「甘さ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです