メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京・北区と中央区、都構想に困惑 自治体名同じ…再考要請も歩み寄りなく

総務省が入る合同庁舎=東京都千代田区霞が関で2020年9月23日、尾籠章裕撮影

 大阪市を廃止し、東京23区のような特別区に再編する大阪都構想。新たにできる可能性のある4特別区のうち「北区」「中央区」は東京にも同じ特別区があり、関係者は困惑している。

 「自治体名の違いを明確にする必要があるのではないか」。10月14日に開かれた東京の中央区議会決算特別委員会で、白須夏区議が区の対応をただした。白須氏は都構想を推進する日本維新の会の都総支部にあたる「東京維新の会」の一員。都構想に表だって反対しているわけではないが、同じ地名になることで住所表記上の混乱が起こることを懸念している。

 北区や中央区は、札幌、さいたま、神戸などの政令市にも存在するが、あくまで行政区としてであり、特別区となれば一つの基礎自治体となる。自治体名に関する旧自治省通知(1970年)は、新しい市ができる場合の名称は…

この記事は有料記事です。

残り452文字(全文805文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福井・勝山市長選 水上氏が初当選

  2. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  3. 岐阜・羽島市長選 松井氏が3選

  4. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  5. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです