特集

2020米大統領選

2020年11月に行われた米大統領選。共和党のトランプ大統領と民主党のバイデン氏が争い、バイデン氏が勝利した。

特集一覧

米国の選択

「新型コロナウイルス」 対応巡り舌戦~決戦のキーワード②

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
入院していたウォルター・リード陸軍病院から退院したトランプ米大統領=2020年10月5日、AP
入院していたウォルター・リード陸軍病院から退院したトランプ米大統領=2020年10月5日、AP

 米ジョンズ・ホプキンズ大の集計(10月20日現在)によると、米国の新型コロナウイルスの感染者は約820万人、死者は約22万人に上り、国別では最も多い。共和党のトランプ氏は流行し始めた当初から「米国ではコロナは全く制御下にある」(2020年2月)などと脅威を軽視する発言を繰り返し、10月には自らの感染も公表した。民主党のバイデン氏は「パニックを引き起こしたくなかったと言うが、パニックになっていたのはトランプ氏自身だ」とトランプ氏の対応を非難。ロイター通信などの10月の世論調査でも約6割がトランプ氏のコロナ対応に批判的だ。

 トランプ氏の対応で象徴的だったのが、マスクの着用拒否だった。4月3日に「外出時のマスク着用」を呼びかける米疾病対策センター(CDC)の新指針を発表した際も「あくまで任意で、私は着用するつもりはない」と発言。初めて公の場で着用したのは7月になってからで、与党・共和党からも「科学軽視の姿勢」との批判が上がった。

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文712文字)

【2020米大統領選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集