特集

2020米大統領選

2020年11月に行われた米大統領選。共和党のトランプ大統領と民主党のバイデン氏が争い、バイデン氏が勝利した。

特集一覧

米国の選択

中東での“歴史的合意” 不安定化への懸念も~トランプの4年 外交⑨止

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
アラブ首長国連邦(UAE)との国交正常化の合意について説明するイスラエルのネタニヤフ首相=エルサレムで2020年8月13日、AP
アラブ首長国連邦(UAE)との国交正常化の合意について説明するイスラエルのネタニヤフ首相=エルサレムで2020年8月13日、AP

 2020年後半に入り、イスラエルがアラブ諸国と相次いで国交を樹立しており、仲介役のトランプ米政権は11月の大統領選に向けて外交実績をアピールする狙いだ。

 米国とイスラエル、アラブ首長国連邦(UAE)は20年8月に共同声明を出し、イスラエルとUAEが国交正常化で合意したと発表した。イスラエルとアラブ諸国が接近する背景には、双方がイランを「共通の脅威」とみなしているからだ。イランが近年の中東で影響力を強める中、UAEとイスラエルはイランに対抗するために水面下で関係を深めていた。

 イスラエルはその後、9月にバーレーン、10月にはスーダンとも米国の仲介で国交正常化に合意したと発表し、アラブ諸国とのつながりを深めている。

この記事は有料記事です。

残り395文字(全文705文字)

【2020米大統領選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集