特集

気候変動

気候変動対策強化へ世界が動き始めました。日本も新たな目標を設定。地球を守るために何が必要でしょうか。

特集一覧

暮らし脅かす温暖化 熱中症、災害、不作・不漁…自治体アンケートでみる地域の実情

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
九州豪雨で流失した球磨川第一橋梁=熊本県八代市坂本町で2020年8月1日午前11時49分、本社ヘリから金澤稔撮影
九州豪雨で流失した球磨川第一橋梁=熊本県八代市坂本町で2020年8月1日午前11時49分、本社ヘリから金澤稔撮影

 地球温暖化の影響が私たちの足元で拡大している。温暖化による被害の軽減策推進のための「気候変動適応法」施行からまもなく2年。影響はどれほど深刻なのか。対策は進んでいるのか。毎日新聞が47都道府県、20政令市を対象に実施したアンケートの結果などから地域の現状に迫った。【渡辺諒】

気温上昇 地域経済への打撃、命の危険も

 温暖化で日本の食卓が変わろうとしている。宮城県では海水温の上昇に伴い、サンマやシロサケなど冷水性の魚の漁獲量が減少している。農林水産省の統計によると、同県のサンマの漁獲量は2014年は約3万トンだったが、19年は6000トン。同県は冷たい水を好むホタテガイ養殖の南限にあたり、貝が死滅する被害も起こっているという。

 アンケートは9月に書面で実施。15~19年度の5年間に把握した温暖化の影響や、被害回避・軽減のための対策の現状などについて尋ね、全ての都道府県・政令市から回答があった。

この記事は有料記事です。

残り3300文字(全文3700文字)

【気候変動】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集