メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外旧優生保護法は「違憲」 賠償請求は棄却 大阪地裁

暮らし脅かす温暖化 熱中症、災害、不作・不漁…自治体アンケートでみる地域の実情

九州豪雨で流失した球磨川第一橋梁=熊本県八代市坂本町で2020年8月1日午前11時49分、本社ヘリから金澤稔撮影

 地球温暖化の影響が私たちの足元で拡大している。温暖化による被害の軽減策推進のための「気候変動適応法」施行からまもなく2年。影響はどれほど深刻なのか。対策は進んでいるのか。毎日新聞が47都道府県、20政令市を対象に実施したアンケートの結果などから地域の現状に迫った。【渡辺諒】

気温上昇 地域経済への打撃、命の危険も

 温暖化で日本の食卓が変わろうとしている。宮城県では海水温の上昇に伴い、サンマやシロサケなど冷水性の魚の漁獲量が減少している。農林水産省の統計によると、同県のサンマの漁獲量は2014年は約3万トンだったが、19年は6000トン。同県は冷たい水を好むホタテガイ養殖の南限にあたり、貝が死滅する被害も起こっているという。

 アンケートは9月に書面で実施。15~19年度の5年間に把握した温暖化の影響や、被害回避・軽減のための対策の現状などについて尋ね、全ての都道府県・政令市から回答があった。

この記事は有料記事です。

残り3300文字(全文3700文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「鬼滅の刃」興行収入275億円 「タイタニック」超え、歴代2位に

  3. 山形女医殺害「殺意なかった」 元大学生の被告、一部否認 地裁初公判

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 米砂漠の“謎の金属柱”消える 連邦政府機関「未知の個人・集団が撤去」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです