静岡県の住民107人、リニア工事差し止め提訴 JR東海に 山梨に続き2例目

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
横断幕を掲げ、静岡地裁の入り口まで歩く原告団=静岡市葵区で2020年10月30日午前10時52分、深野麟之介撮影
横断幕を掲げ、静岡地裁の入り口まで歩く原告団=静岡市葵区で2020年10月30日午前10時52分、深野麟之介撮影

 リニア中央新幹線の建設工事を巡り、計画ルートとなる静岡県の大井川流域の住民ら107人が30日、JR東海を相手に県内区間(10・7キロ)の工事の差し止めを求める訴訟を静岡地裁に起こした。リニア工事の差し止めを求める提訴は、山梨県の住民8人が昨年5月に甲府地裁に起こしており、2例目とみられる。

 静岡訴訟の訴えでは、工事が大井川の流量を大幅に減少させ、南アルプスの希少な自然や生態系が破壊される恐れがあると指摘。流域に住む…

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文525文字)

あわせて読みたい

注目の特集