メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ケアマネの介護報酬「超過分減額」見直し 厚労省方針、21年4月改定に絡み

厚生労働省=東京都千代田区霞が関で

[PR]

 来年4月の介護報酬改定に絡み、厚生労働省は30日、ケアマネジャーの担当案件が定められた上限を超えると、介護報酬を減額する現行の仕組みを見直す方針を明らかにした。同日あった社会保障審議会の分科会で示された。

 ケアマネジャーが要介護者にケアプランの作成などを行う「居宅介護支援」について見直す。サービスの質の確保のため、現在はケアマネジャー1人当たりのケアプランの作成件数が月40件を超えた分について介護報酬を5割、60件を超えた分については3割に減額している。この基準を変更する方針。業務が増えることで質が低下しないよう、オンライン会議システムの活用や事務職員の配置などを条件にする。【村田拓也】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」 興収259億円に 「アナ雪」超えの国内歴代3位

  2. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  3. 大阪ガスが反撃 ホンダと6点差に 西脇、本塁打の次は適時二塁打 都市対抗 

  4. ホンダ猛攻 三回に3ランなどで一挙11得点 大阪ガスも大会5号 都市対抗

  5. 立憲、安倍前首相の国会招致求める 小泉氏ら閣僚、コメント回避相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです