逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
事故前日にマンション管理人が見つけ、撮影した亀裂。県によると、この亀裂付近から斜面が崩落した(神奈川県への情報公開請求で入手)
事故前日にマンション管理人が見つけ、撮影した亀裂。県によると、この亀裂付近から斜面が崩落した(神奈川県への情報公開請求で入手)

 神奈川県逗子市で2月、分譲マンション敷地内の斜面が崩落し、市道を歩いていた県立高校3年の女子生徒(当時18歳)が土砂に巻き込まれ死亡した事故の前日、マンション管理人が斜面上部で長さ約4メートルの亀裂を見つけて写真撮影し、同日中に管理会社に連絡していたことが判明した。しかし、亀裂の存在は行政側に伝わらず、安全対策が取られることはなかった。

 毎日新聞は県への情報公開請求で亀裂の写真や、管理会社が県の担当者らと電話でやり取りした際のメモを入手。事故前日の詳細が明らかになった。県の担当者は取材に「亀裂の情報を知らされていれば、現地に調査に行ったり、市道を通行規制するなど市側に何らかの対応を求めたりして、生徒の死を防ぐことができたかもしれない」と話す。

 事故は2月5日午前8時ごろ、高さ約15メートルの斜面のうち、石積みで補強されていない上部の土砂(高さ6メートル、幅7メートル、厚さ1メートル、推計68トン)が崩れて起きた。

 県横須賀土木事務所などによると、管理人は…

この記事は有料記事です。

残り657文字(全文1091文字)

あわせて読みたい

注目の特集