メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪都構想、1日投開票 主要4党、テレビ番組でも舌戦 前回より期日前増える

「大阪都構想」への住民投票を呼び掛ける電気自動車「行こう!投“ヒョウ”号」。車体にはヒョウの写真がラッピングされている=大阪市役所前で12日

 大阪市を廃止し、四つの特別区に再編する「大阪都構想」の賛否を問う大阪市民対象の住民投票は11月1日に投開票される。結果には法的拘束力があり、賛成する大阪維新の会と公明党、反対する自民党や共産党は30日もテレビ番組などで論戦を繰り広げた。

 制度案では大阪市を60万~75万人の淀川、北、中央、天王寺の4特別区に分割。市が実施していたインフラ整備などの広域的な事業は大阪府に引き継がれ、教育や福祉などの住民に身近なサービスは特別区が実施する。特別区の財政運営や住民サービス…

この記事は有料記事です。

残り354文字(全文589文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強まる大阪府の要求に反発 コロナ患者の引き受けが難しい民間病院の事情

  2. 死者増さらに加速か 4000人から5000人まで14日間 高齢者で死亡率高く

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです