メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原監督、貫いた勝利、実力「至上主義」 重んじる伝統、いとわない変化

【巨人-ヤクルト】セ・リーグ優勝を決め場内を一周する巨人の選手ら=東京ドームで2020年10月30日、大西岳彦撮影

 △巨人3―3ヤクルト△ (30日・東京)

 巨人が2年連続38度目のセ・リーグ優勝を決めた。

 巨人は十回、5番手のビエイラが2死三塁のピンチを招いた。だが、右腕は恐れず攻め抜いた。2ストライクから163キロの豪速球を内角低めに投げ込んだ。見逃し三振。原監督が大きく手をたたき、主将の坂本もガッツポーズ。負けがなくなって試合中に優勝が決まり、場内アナウンスが流れ、7年ぶりの本拠地でのリーグ制覇にナインとファンが沸き立った。

 まさかの足踏みが続いても、原監督は勝利至上、実力至上主義を貫いた。暗雲を払う2ランを三回に放った岡本も、勝負強く適時打を放った大城も、「実力」で地位をつかんだ選手だ。そして指揮官は勝利のために選手を次々とつぎ込む。積極的に動き、手を尽くす。これが今季の巨人の野球だ。

この記事は有料記事です。

残り2779文字(全文3124文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ワクチン接種「成否は支持率に直結」 マイナンバー活用の新システム、突貫工事に懸念

  2. 名古屋市の救急医療ピンチ 搬送中に心肺停止状態も 愛知県が専門チーム

  3. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  4. 首相、コロナ医療体制の不備を陳謝 予算組み替えには応じず

  5. 「大変な時期に」 旭川医大、コロナ巡り学長と対立の病院長解任 関係者に衝撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです