メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

FASHION・EYE

NEW アートをまとう イッセイミヤケ×美術家・横尾忠則

横尾忠則の作品「お堀」を表現したブルゾン=Photo by Hiroshi Iwasaki

 イッセイミヤケは、美術家の横尾忠則とセッションした新プロジェクト「タダノリヨコオ・イッセイミヤケ」を立ち上げ、横尾の絵を再現したブルゾンを発表した。

 横尾は1977年から、パリコレクションの招待状デザインを手掛けるなど、三宅一生と深い交流があり、今回のプロジェクトが実現した。糸から生地を作る過程で、一枚の布の中に服のデザインを設計する独自の手法「A−POC」を用いる。糸に指示を与えて生地を作り出すプログラミング技術により、たった7色の糸で、色鮮やかな横尾作品を織りあげた。

 プロジェクトを主導するのは、2011年から19年まで「ISSEY MIYAKE」デザイナーを務め、現在は「A−POC」の研究開発に取り組んでいる宮前義之。宮前は「着る人に新しい発見や喜び、驚きを提案したい。横尾さんのアートをまとうことで、どう気持ちが変化するか感じてほしい」と話す。

この記事は有料記事です。

残り286文字(全文667文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 阪神大震災 命救う、今こそ 犠牲乳児抱いた中2の30分、看護師原点

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. 6歳で亡くなった娘「もう一度夢に出てきて」 阪神大震災26年、遺族が思い

  5. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです