メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外新型コロナ、国内の死者5000人に
FASHION・EYE

NEW アートをまとう イッセイミヤケ×美術家・横尾忠則

横尾忠則の作品「お堀」を表現したブルゾン=Photo by Hiroshi Iwasaki

 イッセイミヤケは、美術家の横尾忠則とセッションした新プロジェクト「タダノリヨコオ・イッセイミヤケ」を立ち上げ、横尾の絵を再現したブルゾンを発表した。

 横尾は1977年から、パリコレクションの招待状デザインを手掛けるなど、三宅一生と深い交流があり、今回のプロジェクトが実現した。糸から生地を作る過程で、一枚の布の中に服のデザインを設計する独自の手法「A−POC」を用いる。糸に指示を与えて生地を作り出すプログラミング技術により、たった7色の糸で、色鮮やかな横尾作品を織りあげた。

 プロジェクトを主導するのは、2011年から19年まで「ISSEY MIYAKE」デザイナーを務め、現在は「A−POC」の研究開発に取り組んでいる宮前義之。宮前は「着る人に新しい発見や喜び、驚きを提案したい。横尾さんのアートをまとうことで、どう気持ちが変化するか感じてほしい」と話す。

この記事は有料記事です。

残り286文字(全文667文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  3. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです