メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

聖火展示で一丸に リレールート外れた5町村 来年3月、県全体で盛り上げ /岩手

報道陣に公開された聖火ランタン=東京都新宿区で2020年8月31日午後4時26分、西夏生撮影

 2021年夏に開催が延期された東京五輪の聖火が、来月から14道府県で巡回展示され、県内でも来年3月に5町村で展示されることになった。5町村はいずれも、県内の聖火リレールートから外れていた。すでに、東京パラリンピックでも聖火のもとになる火は全33市町村から採ることが決まっている。県の担当者は「県全体で復興五輪への機運を盛り上げていければ」と話す。【日向米華】

 県内での聖火リレーは、21年6月に雫石町を出発し、復興が進む沿岸市町村を経由して盛岡市に到着する3日間のルートとなっている。だが軽米町、葛巻町、西和賀町、住田町、九戸村の5町村は含まれておらず、19年6月には県町村会が全市町村を通るよう再検討を求める要望書を県に提出した。同年11月、東京パラリンピックの聖火は全市町村から集めることが決まり、県の担当者は「オール岩手で盛り上げていく機会ができた」と…

この記事は有料記事です。

残り423文字(全文803文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女湯侵入容疑で広島県職員を逮捕 化粧し女性用かつら着用

  2. 自民岸田氏「更なる経済対策が必要」 3次補正審議中、異例の言及

  3. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  4. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです