メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 7労組で解雇・雇い止め 経営悪化は半数超 連合山形調査 /山形

 連合山形は、県内の労働組合を対象に実施した、新型コロナウイルスに関連するアンケート調査で、7組合が経営の悪化などの影響で解雇や雇い止めが行われたと回答した結果を発表した。連合山形は新型コロナの収束が見通せない中で、さらに雇用への影響が懸念されるとしている。

 調査は、8月に連合山形に加盟する約280組合を対象に実施し、45%の127組合から回答があった。

 その結果によると、新型コロナの影響で生産工場のストップに伴う受注減少や業績の悪化など、経営状態に影響が生じていると回答したのは69組合で、全体の半数を超えた。経営上の理由でパートや有期契約の労働者が解雇されたり、雇い止めされたりしたと7組合が回答。また、希望退職を行っている、または行ったとしたのが2組合だった。

この記事は有料記事です。

残り181文字(全文516文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 感染拡大地からの「GoTo」やめて 憤る医療関係者 「予防にマイナス」

  2. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  3. コロナ禍に売り上げ急回復、相次ぐ新規出店 焼き肉店が好調なワケ

  4. 日立製作所vsヤマハ 第6日第1試合スタメン 午前10時から 都市対抗野球

  5. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです