メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

補助犬への理解深めて 歌手・YUMICOさん×NPO、来春普及啓発コンサート 名張 /三重

コンサートをPRするYUMICOさん(右から2人目)と井上スズ子さん(同3人目)ら=三重県名張市役所で2020年10月21日午前11時37分、久木田照子撮影

 身体障害者の社会参加を支える補助犬(盲導犬など)の普及啓発に協力するコンサートが2021年3月27日午前11時から、名張市松崎町のadsホールで催される。市内外で活動する歌手、YUMICO(本名・小林由美子)さん=同市赤目町新川=の活動15周年企画で、会場では補助犬啓発イベントも開く。

 YUMICOさんの所属事務所「楽音(幹)企画」(事務局・津市)と、NPO法人「三重補助犬普及協会」(同市)の共催で、県内の補助犬も参加。会場では同協会の運営や、補助犬の健康管理に充てる募金への協力を呼びかけ、補助犬グッズも販売する。補助犬を受け入れる地域の態勢作りなどにつなげたい考えという。

 YUMICOさんは年2回、県内や関西でライブを続ける。娘の留学先のオーストラリアで盲導犬が大きな役割を果たしていると知り、補助犬に関心を持ったという。09年のライブで同協会に参加してもらい、名張市富貴ケ丘で盲導犬と暮らす井上スズ子さん(67)らと知り合った。その後もライブで補助犬の普及啓発に協力している。

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文730文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強まる大阪府の要求に反発 コロナ患者の引き受けが難しい民間病院の事情

  2. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  3. 和解のために 2021 2)変わりうる「ファクト」とは 「帝国の慰安婦」著者が指摘、「学問の政治化」

  4. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです