メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見本市、今年はネットで 障害者アート800点 来月開幕 /島根

作品の制作に取り組む利用者たち=島根県出雲市東福町で2020年10月26日午後2時15分、目野創撮影

 障害がある人たちが手がける芸術作品(チャレンジドアート)の見本市「国際チャレンジドアートエキスポインジャパン2020」が11月25日~12月1日に開催される。今年は新型コロナウイルス禍のため、初めてインターネット上で行う。主催するNPO法人「サポートセンターどりーむ」(出雲市)の関係者たちは期待を胸に準備を進めており、土江和世理事長(73)は「ぜひサイトをのぞいてほしい。現物を見るのと同じような感動が伝われば」と意気込む。

 エキスポは例年、出雲市や松江市で開催。10回目の今回は、専用のサイトに作品の写真を掲載する。購入希望者は期間中にネット上やファックス、電話で連絡を取り、申し込みができる。

この記事は有料記事です。

残り411文字(全文711文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 先進国のワクチン「囲い込み」にアフリカ諸国苦戦 資金確保課題、中国製頼みも

  2. 和歌山・かつらぎ町の養豚場で豚熱確認 2018年9月以降、関西で初

  3. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  4. 東京・豊島女性殺害 女児への強制わいせつ容疑 元保育士をきょうにも再逮捕

  5. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです