特集

広島・長崎原爆

1945年8月、広島・長崎へ原爆が投下されました。体験者が高齢化するなか、継承が課題になっています。

特集一覧

NZから追悼の千羽鶴 原爆死没者慰霊碑で献納式 三原 /広島

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
パーマストンノース市から贈られた千羽鶴を慰霊碑に納める苞山正男・三原市原爆被害者之会会長=広島県三原市本町1で2020年10月30日午前9時7分、渕脇直樹撮影
パーマストンノース市から贈られた千羽鶴を慰霊碑に納める苞山正男・三原市原爆被害者之会会長=広島県三原市本町1で2020年10月30日午前9時7分、渕脇直樹撮影

 三原市原爆死没者慰霊碑(本町1)で30日、姉妹都市のニュージーランド・パーマストンノース市から贈られた千羽鶴の献納式があった。

 パーマストンノース市で8月6日、広島・長崎原爆投下戦後75年記念行事が開かれ、平和を願う合唱やダンスがあり、現地の大学で学ぶ被爆3世の学生が三原市長のメッセージを代読した…

この記事は有料記事です。

残り193文字(全文343文字)

【広島・長崎原爆】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集