九州高校野球 きょう開幕 明豊と大分商、活躍期待 /大分

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 来春のセンバツ出場の参考資料となる第147回九州地区高校野球大会(九州地区高野連主催)が31日、長崎県で開幕する。県内からは昨年と同じ顔ぶれの明豊と大分商が出場。昨年大会は、この2校が決勝進出し、両校がセンバツの切符を手にした。今年も活躍に期待がかかる。

 各県予選を勝ち上がった上位2校の計16校が頂点を目指す。試合は原則無観客で実施する。県予選で優勝し第1代表となった明豊は、31日第1試合(午前10時開始予定)で九国大付=福岡第2代表=と対戦。県予選準優勝の第2代表、大分商は11月1日第1試合(午前10時開始予定)で福大大濠=福岡第1代表=と戦う。【辻本知大】

あわせて読みたい