メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

音速の倍を超える巡航速度を誇る英仏共同開発の…

[PR]

 音速の倍を超える巡航速度を誇る英仏共同開発の超音速旅客機コンコルドが就航したのは1970年代である。その名は航空史だけでなく経営論でも残されたが、ただし後者は「誤り」という言葉とセットだった▲「コンコルドの誤り」とは、過去に投じた資金や労力を惜しんで将来損失が見込まれる事業を止められないことをいう。環境問題や航空需要の変化で採算が取れないと分かりながら、巨費を投じたコンコルド開発が進められたからだ▲そんな不吉な言葉も思い起こされるコロナ禍下での旅客機開発の成り行きである。国産初のジェット旅客機として話題と期待を集めてきた三菱のスペースジェットの開発費の大部分が削減され、開発は凍結されることになったという▲もともと2013年には初号機納入予定だった同ジェットである。だが欧米の安全基準を満たす「型式証明」取得に多数の設計変更が必要となり、6度も納期延期を重ねてきた。ようやくその試験機が完成した直後のコロナ禍だった▲先日は同ジェットの納入予定先のANAの5000億円規模の赤字見通しが報じられた。コロナ禍で今年の世界の航空需要は大幅減、回復には4年程度かかるという予測を聞けば、新型機の需要見通しの厳しいことは誰にでも分かる▲三菱重工は将来の開発再開を強調しているが、コンコルドの誤りも避けたいだろう。経営陣はスペースジェットの名をどう後世に残すことになるのか。未来の航空史と経営論の執筆者が見つめている。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. 時短に「またか」「悩む」 東京都内の飲食店悲鳴 「従わないと白い目で…」

  3. ソフトバンクが日本一 巨人に4連勝し、4年連続11回目 シリーズ最多12連勝

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです