特集

学術会議任命拒否

日本学術会議が推薦した新会員候補6人を菅首相が任命しなかった。極めて異例の事態の背景や問題点を追います。

特集一覧

土記

学術会議と多様性=青野由利

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 <do-ki>

 2006年から11年まで日本学術会議の会長を務めたのは金澤一郎さんだった。なりたくてなったわけではない(はずだ)。当時、国立精神・神経センター総長であり、「皇室の主治医」である皇室医務主管も兼任していた。その上、学術会議会長まで?

 多忙の合間を縫って、日本の科学界を代表する機関の長として海外のアカデミーとも交流した。科学者の行動規範、代理出産、受動喫煙、若手研究者支援などの提言をまとめただけでなく、放射線防護やテレビの「科学実験」など、社会とつながりの深いテーマで会長談話をいくつも出していた。

 言わずもがなかもしれないが、学術会議会員は「なりわい」ではない。名誉職でもない。あえて言えば、学術を支える人々の「責務」かもしれない。

この記事は有料記事です。

残り680文字(全文1006文字)

【学術会議任命拒否】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集