メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国の選択

2020年大統領選 バイデン氏、得票増へ攻勢 最重点6州から戦線拡大

選挙集会に登場したトランプ大統領=フロリダ州タンパで2020年10月29日、AP

 11月3日の米大統領選を前に民主党候補のジョー・バイデン前副大統領(77)が最終盤で戦線を拡大している。27日に当初は勝利が難しいとみられていた南部ジョージア州(選挙人16人)で支持を訴え、30日には2月以来訪れていなかった中西部アイオワ州(6人)に入る。各種調査で、共和党のドナルド・トランプ大統領(74)を先行する情勢分析を踏まえ、得票の上積みを目指す攻めの姿勢に転じている。

 「トランプ政権は新型コロナウイルス危機への対応を投げ出した」。バイデン氏は28日、地元の東部デラウェア州ウィルミントンで演説した後、期日前投票に臨んだ。

この記事は有料記事です。

残り1219文字(全文1487文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 関東平野部も大雪の恐れ 「不要不急の外出控えて」 国交省緊急発表

  4. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです