メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

介護事業利益率 0.7ポイント減の2.4%に 19年度、人件費増で

 厚生労働省は30日、介護サービス事業者の経営状況を調べる介護事業経営実態調査(2019年度)の結果を公表した。利益率は全サービス平均で2・4%と、18年度の調査に比べ0・7ポイント下がった。人材不足に伴う人件費の増加や、人材派遣会社への支払いなどが原因とみられる。また、今年の新型コロナウイルスの影響についての調査結果も公表。全サービスでは緊急事態宣言の期間中の4~5月に収入が延びなかった。これら調査結果…

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文510文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染半年後も98%が抗体保有 重症度高いほど防ぐ能力強く 横浜市大

  2. 大阪で新たに427人の感染確認 400人超えるのは4日ぶり 新型コロナ

  3. 中国産ウナギ1200匹を国産と偽り販売 容疑で元従業員ら書類送検 大阪府警

  4. 季節外れ?のサクラ咲く 安倍前首相「桜を見る会前夜祭」会場ホテル付近で

  5. ホンダ11年ぶり決勝進出 タイブレークで佐藤が満塁弾 セガサミー降す 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです