メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ プロ野球観客増 感染不安抱え声援 「満員怖い」敬遠のファンも

大規模イベントの入場制限の緩和に向けた技術実証で、風速計の説明をする担当者=横浜スタジアムで2020年10月30日午後0時41分、玉城達郎撮影

 新型コロナウイルスの感染リスクを低下させながら、スポーツや大規模イベントは開催できるのか――。来夏の東京オリンピック・パラリンピックを見据えて、入場制限を段階的に緩和しながらさまざまな対策の効果を検証する取り組みが30日、横浜スタジアム(横浜市)で始まった。プロ野球ファンからは大勢の観客が球場で応援する熱気が戻ってくる期待と同時に、感染への不安の声が漏れた。

 30年来のファンという横浜市の会社員、上野大輔さん(43)は観客が増えることは「うれしい」と歓迎する一方で、クラスター(感染者集団)が発生する心配を感じている。消毒液を持参し、トイレや飲食店に行く時はピークをずらして独自に予防するという。

この記事は有料記事です。

残り989文字(全文1290文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 松本潤「嵐という船を一度降りて」大河主演決意までの葛藤 オファー一度は保留[コメント全文]

  2. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  5. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです