メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

核禁条約、日本の矛盾あらわ 安保の現実見つめ、世界に道示せ パトリック・ハーランさんに聞く

 核兵器を全面禁止する核兵器禁止条約が来年1月に発効することが決まったものの、日本政府は改めて署名・批准しないと表明した。唯一の戦争被爆国として核保有国と非保有国の「橋渡し役」を自任する一方、米国の「核の傘」に依存し核禁条約に背を向ける姿は、日本で暮らす米国人の目にどう映るのか。タレントの「パックン」ことパトリック・ハーランさん(49)に聞いた。

 --核禁条約の発効決定をどう受け止めましたか。

この記事は有料記事です。

残り1395文字(全文1593文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  2. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  3. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  4. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  5. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです